薬に耐性できた肺がん、増殖抑える化合物

0

    薬に耐性できた肺がん、増殖抑える化合物 がん研など

    「がん研究会」(東京都)と東京理科大などの研究グループは、従来の抗がん剤が効かなくなった肺がんの増殖を抑える働きがある化合物を見つけた。

    化合物は既存の薬と異なる仕組みでがんの増殖を抑えることをマウスの実験で確かめた。

    新しい薬の開発につなげたいとしている。

     

    国内で年間7万人以上が亡くなる肺がん患者の約3割はEGFR遺伝子に変異がある。

    この変異した遺伝子によって作られるたんぱく質が、がんの増殖にかかわる。

    「イレッサ」などの分子標的薬はこのたんぱく質の働きを抑えるが、1年ほどで耐性ができて効かなくなってしまう。

    耐性があるがんにも効果がある「タグリッソ」が昨年承認されたが、さらに耐性ができた場合の治療法は確立されていない。

     

    がん研究会がん化学療法センターの研究グループは、細胞内たんぱく質を運ぶ「ゴルジ体」の働きを邪魔する人工化合物に着目し、がん細胞の増殖を防げないかと考えた。

     

    この化合物を人間のEGFR遺伝子が変異するタイプの肺がん細胞に加えると、がんの増殖を抑えられた。

    さらに、タグリッソに耐性ができたがん細胞をマウスの肺に移植し、3週間後に腫瘍の大きさを調べたところ、未治療やタグリッソを投与したマウスは腫瘍が3倍になったのに、化合物を投与したマウスはほぼ変わらなかったという。

     

    これまでの分子標的薬の多くはがんの増殖にかかわる細胞表面のたんぱく質に作用する。

    研究グループは「新しい仕組みの抗がん剤になる可能性がある。改良を進め、ほかのがんでも効果があるか調べていきたい」と話している。

     

    参考・引用

    朝日新聞・夕刊 2017.12.28

     

    <参考>

    古くて新しいゴルジ体―タンパク質の加工から細胞分裂までかかわる驚異のメカニズム―

    http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st13_06.html

     

    ゴルジ体によるタンパク質輸送機構

    https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/56/4/56_201/_pdf


    加熱式たばこ

    0

      引用

      朝日新聞・朝刊 2018.1.6


      カフェインの含有量と最大摂取量

      0

                                                                     カフェインの最大摂取量と含有量

         

                                            

                                                                                                   引用

                                                                                                 日経新聞・朝刊 2016.1.31


        心肺蘇生

        0

          AED 正しく使って救命

          心臓マッサージ・・・手の付け根使い垂直に

          電極パッド  ・・・心臓を挟むように貼る

           

           

           

           

           

           

           


          大きく変わった糖尿病薬物療法 アルゴリズム ADA2018年版勧告

          0

            2017年版勧告における薬物療法アルゴリズム

             

             

             

            2018年版勧告における薬物療法アルゴリズム

             

             

             

            治療薬選択において考慮すべき薬剤特異的および患者側の要素

             

            参考・引用

            https://medical-tribune.co.jp/rensai/2017/1222511993/


            血圧の季節変動

            0

              男女別に見た家庭血圧測定による収縮期血圧の月次推移と、外気温の月別平均値

              (図はクリックで拡大)

              http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201712/553950.html

               


              アトピー早期治療で卵アレルギー予防

              0

                卵アレルギー予防、アトピー早期治療で

                国立成育医療研究センターや京都府立医科大学付属病院など全国10カ所の医療機関が、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を早期に治療することで、卵アレルギーを予防できるか調べる臨床研究を始めた。

                生後1〜4カ月にアトピー性皮膚炎になると、食物アレルギーを起こしやすい。

                最も起こりやすい卵アレルギーの発症が減るのか調べる。

                食物アレルギーは病原体などを体から排除する免疫システムが食物を異物とみなして起きる。

                じんましんや下痢などを起こす。

                ショック状態になると命の危険もある。

                 

                研究は生後7〜13週で皮膚に湿疹が出て、アトピー性皮膚炎と診断された650人が対象。

                通常、湿疹が出たときだけステロイド軟膏を塗るが、半数には早期から保湿剤と組み合わせて全身の湿疹をなくす積極的な治療をする。

                生後6ヵ月の時にごく少量の卵を食べさせ、積極的な治療をした

                方でアレルギー症状が軽減したかを検証する。

                 

                生後6ヵ月の乳児を対象にした国内調査では、25%がアトピー性皮膚炎と診断された。

                 

                参考・引用

                日経新聞・朝刊 2017.11.27


                ノバルティス論文不正、名大調査委「撤回が妥当」

                0

                  ノバルティス論文不正、名大調査委「撤回が妥当」

                  •製薬大手ノバルティスの高血圧治療薬ディオバンの効果を調べた臨床研究の不正をめぐり、名古屋大学の研究グループが発表した論文を追加調査していた名大の調査委員会は22日、「不適切なプロセスを経たデータに基づく論文」として、研究代表者に論文の撤回を要請した。

                   

                  •論文は、ディオバンが別の高血圧治療薬に比べ、心不全の悪化による入院が少ないとの研究結果をまとめたもの。

                  調査委は、「入院を拒否した」として実際には入院していない患者や、検査入院していた患者を「入院」と分類していたなどとして、「分類に妥当性を欠く」と判断した。

                  また、症例を分類する委員会に、ノバルティスの元社員が出席するなどしており、これについても調査委は「不適切なプロセス」として、論文の撤回が妥当とした。

                   

                  •ディオバンをめぐる論文不正問題では、2002〜10年に東京慈恵会医大、千葉大、滋賀医大、京都府立医大、名大の5大学が、別の高血圧治療薬と効果を比較する臨床試験を実施。調査の結果、ディオバンに有利になるようにデータが操作されていたことなどが発覚。名大以外の4大学の論文が撤回されている。

                   

                  •名大は2014年に公表した報告書で「ノバルティス元社員によるデータの不正操作や、データの作為的な変更はなかった」としたうえで、心不全による入院の分類について、論文を修正するよう研究代表者に勧告していた。

                  15年に論文が修正されたが、外部から「勧告通りの修正ではない」と指摘があり、追加調査していた。

                   

                  参考•引用

                  朝日新聞•朝刊 2017.11.23

                   


                  ノバルティス論文不正、名大調査委「撤回が妥当」

                  0

                    ノバルティス論文不正、名大調査委「撤回が妥当」

                    •製薬大手ノバルティスの高血圧治療薬ディオバンの効果を調べた臨床研究の不正をめぐり、名古屋大学の研究グループが発表した論文を追加調査していた名大の調査委員会は22日、「不適切なプロセスを経たデータに基づく論文」として、研究代表者に論文の撤回を要請した。

                     

                    •論文は、ディオバンが別の高血圧治療薬に比べ、心不全の悪化による入院が少ないとの研究結果をまとめたもの。

                    調査委は、「入院を拒否した」として実際には入院していない患者や、検査入院していた患者を「入院」と分類していたなどとして、「分類に妥当性を欠く」と判断した。

                    また、症例を分類する委員会に、ノバルティスの元社員が出席するなどしており、これについても調査委は「不適切なプロセス」として、論文の撤回が妥当とした。

                     

                    •ディオバンをめぐる論文不正問題では、2002〜10年に東京慈恵会医大、千葉大、滋賀医大、京都府立医大、名大の5大学が、別の高血圧治療薬と効果を比較する臨床試験を実施。調査の結果、ディオバンに有利になるようにデータが操作されていたことなどが発覚。名大以外の4大学の論文が撤回されている。

                     

                    •名大は2014年に公表した報告書で「ノバルティス元社員によるデータの不正操作や、データの作為的な変更はなかった」としたうえで、心不全による入院の分類について、論文を修正するよう研究代表者に勧告していた。

                    15年に論文が修正されたが、外部から「勧告通りの修正ではない」と指摘があり、追加調査していた。

                     

                    参考•引用

                    朝日新聞•朝刊 2917.11.23

                     


                    ゲノム検査巡り学会提言

                    0

                      ゲノム検査で予期せぬ変異見つけたら…患者への対応提言

                      難病やがんの診療で広がりつつある患者の遺伝情報(ゲノム)を網羅的に調べる検査について、日本人類遺伝学会は18日、予期しない重い病気に関わる遺伝子変異が見つかった際の対応などをまとめた医療機関向けの提言を発表した。

                      結果を知らせるかどうか検査前に患者に説明して同意を得ることや、十分なカウンセリング体制が必須とした。

                       

                      患者の遺伝情報を幅広く調べるゲノム検査は、遺伝子の異常で起きる難病や原因不明の病気の診断などで急速に広がっている。

                      約10年前に高速で安価な新技術が登場、ヒトに約2万3千ある全遺伝子を10万円ほどで調べられるようになった。

                      従来は患者の症状から狙いを付けた遺伝子を個別に調べる手法しかなかったが、全遺伝子を最初に調べて病気の原因遺伝子を探れるようになった。

                       

                      遺伝子の変異が原因のがんでも、特定の変異に効く抗がん剤が相次いで開発され、今後、治療法を選ぶためにゲノム検査が拡大するとみられている。

                       

                      一方、この検査では発症していない別の病気に関わる変異も見つかる可能性がある。

                      治療、予防できるものもあれば、発症すると治療法がなかったり、発症するか不確実だったりするものもあり、患者に何をどう伝えるか混乱が予想されている。

                       

                      このため遺伝医学の専門家らでつくる同学会はこの日会見して提言を発表。

                      結果を知らせるかを事前に患者に説明して同意を得ることや、知らせる場合は確認検査の仕方や健康管理の対応策を検討し、専門家による患者のカウンセリングを行い、説明することなどを求めた。

                       

                      ゲノム検査は一般的な医療にも必ず広がる。

                      今から問題点を十分に議論しておくことが重要だ。

                       

                      参考・引用

                      朝日新聞・朝刊 2017.11.19

                       


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM