<< キャッスルマン病〔Castleman's disease〕 | main | がんが肺に転移する仕組み >>

アセトアミノフェンの投与量

0
    通常、幼児及び小児はアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口服用し、服用間隔は4〜6時間以上とする。
    なお、年 齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。
    ただし、成人の用量を超えない。また、空腹時の服用は避けることが望ましい。
    1回服用量の目安は下記のとおり。

    体重10kg..1回 100〜150mg
    体重20kg..1回 200〜300mg
    体重30kg..1回 300〜450mg

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.01 Monday
      • -
      • 14:56
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする