<< 外来の大半は咳喘息 | main | アセトアミノフェンの投与量 >>

キャッスルマン病〔Castleman's disease〕

0
    ■多様な病態を呈する多クローン性リンパ増殖疾患

    ■臨床的に限局型と多中心(全身)型に大きく分類される

    ■限局型では無症状で経過することが一般的であるが、多中心(全身)型では多くが血清IL-6の上昇に伴う全身倦怠感、発熱、貧血、高CRP血症、低アルブミン血症、高γグロブリ ン血症などの多彩な症状を伴う

    ■欧米では、human immunodeficiency virus(HIV)感染を基礎としたhuman herpes virus(HHV)-8の感染が原因となっている症例が多いが、わが国ではHIV感染と関連のないHHV-8陰性の症例がほとんどである

    http://www.carenet.com/report/library/general/rare/castleman.html

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.25 Friday
      • -
      • 23:20
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM