<< 橋下病 | main | 糖尿病治療で冠動脈疾患の予後は改善するか? >>

妊娠と甲状腺

0
    ・ 抗TPO抗体陽性者は妊娠すると流産や早産などの妊娠合併症の頻度が高くなる。
    ・甲状腺機能低下の状態で妊娠すると胎児への影響としてCNSへの障害が危惧される。
    ・潜在性甲状腺機能低下の可能性も考え妊婦に対しては自己免疫性甲状腺疾患のスクリーニング
     検査(TSH,FT4,抗TPO抗体)が重要である。

    参考
    日本医師会雑誌 2013.2

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.19 Wednesday
      • -
      • 15:47
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする