<< 卵巣がん腹膜転移の仕組み解明 | main | セフェピム脳症 >>

喫煙で急性骨髄性白血病リスクが上昇

0

    喫煙1日30本以上、急性骨髄性白血病リスク2倍に 

    たばこを1日30本以上吸っている男性は急性骨髄性白血病になるリスクが約2倍に高まる――。

    愛知県がんセンター研究所と国立がん研究センターの研究チームは15日までにこうした調査結果をまとめた。

     

    研究チームは全国の40〜69歳の男女、約10万人を1990年から2012年まで平均約18年間、追跡調査した。

    喫煙と白血病のかかりやすさの関係を、年齢や性別、職業などが結果に影響しないように分析した。

     

    男性で現在たばこを1日30本以上吸っているグループは急性骨髄性白血病にかかるリスクが、たばこを吸わないグループに比べて2.2倍高かった。

    女性は喫煙者や白血病になる患者数が少なく、はっきりしなかった。

     

    急性骨髄性白血病の発症率は人口10万人当たり2〜3人で、高齢者になるにつれて増えるとされる。

    研究チームは「急性骨髄性白血病の予防に禁煙が重要だ」としている。

     

    参考・引用

    日経新聞・夕刊 2017.4.15

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.04.21 Friday
      • -
      • 23:39
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM