<< 顎骨壊死問題 | main | C型肝炎治療 >>

リンチ症候群

0

    リンチ症候群と家族性大腸腺腫症(Familial adenomatous polyposis;FAP)は遺伝性大腸がんの中でも頻度が高い疾患で、同症候群は以前、FAPと区別するために遺伝性非ポリポーシス大腸がん(HNPCC)と呼ばれていた。

    しかし、原因遺伝子の特定によりFAPと名称による区別が必要でなくなったこと、大腸がん以外の発症リスクも高いことなどから、同症候群の疾患概念を確立し、研究に多大な貢献を果たした米・Creighton University教授のHenry T. Lynch氏の名前にちなみ”リンチ症候群"の名称が用いられるようになった。

    現在、改訂作業が進んでいる大腸癌研究会による「遺伝性大腸癌診療ガイドライン」でも、混在するリンチ症候群とHNPCCの名称を"リンチ症候群"で統一することが挙げられている

    参考

    Medical Tribune 2016.9.8

     

     

    リンチ症候群の診断のポイント

    スクリーニングと内視鏡サーベイランスが重要

    https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0829504503/


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.19 Wednesday
      • -
      • 15:21
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする