<< 高齢男性の骨折リスク | main | 十二指腸乳頭部がん >>

便秘薬使用に伴う高Mg血症

0

    便秘薬使用に伴う高Mg血症で3年に死亡4例 PMDA「使用上の注意」改訂

    https://medical-tribune.co.jp/news/2015/1020037633/

    (MT 2015.10.20)

    医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2015年10月20日,「使用上の注意」改訂を発表。便秘症などに適応を有する酸化マグネシウム製剤の高マグネシウム(Mg)血症に関する情報の追加が発表された。

    直近3年度で,同薬使用に伴う高Mg血症の報告が29例,うち死亡4例が報告されたため。

    高齢者,腎機能正常の便秘症で症例が集積

    添付文書改訂の対象となる酸化マグネシウム製剤は医療用医薬品の「酸化マグネシウム原末・錠・細粒」「重質酸化マグネシウム」「マグラックス細粒・錠」「重カマ」「マグミット細粒・錠」など。

    国内で多数の企業が同成分を医療用医薬品,および一般用医薬品として販売している。

     

    PMDAによると,直近3年度で同薬使用例での高Mg血症が29例(うち,因果関係が否定できない症例が19例),死亡4例(同1例)が集積。

    症例検討の結果,

    々睥霄圓任僚言僂多く,重篤な転帰をたどる例が多かった,

    ∧愴訃匹隆擬圓任僚言僂多く,腎機能が正常な場合や通常用量以下の使用でも重篤な転帰をたどる例が報告されていた,

    D蟯的な血清Mg濃度の測定が行われておらず,意識消失などの重篤な症状が現れるまで発症に気付かれない症例が多く見られた。

    そのため,添付文書の改訂を行い,同薬の高Mg血症に関する注意喚起を行うこととした。

    高Mg血症の初期症状は,吐き気や嘔吐,立ちくらみ,めまい,徐脈,皮膚の発赤,力が入りにくくなる,傾眠など。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.19 Wednesday
      • -
      • 19:50
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする