<< 膵癌の術後補助療法 | main | 高齢男性の骨折リスク >>

痛風予備軍の主因は遺伝子

0

    痛風予備軍の主因は…遺伝子 肥満・飲酒より影響大

    http://www.asahi.com/articles/ASG6965PDG69UGTB01J.html

    2014年6月17日0

    ■痛風の予備軍である「高尿酸血症」へのなりやすさは、肥満や飲酒の習慣よりも特定の遺伝子の変異に左右されるとの研究結果を防衛医大などのチームがまとめた。
    遺伝子を調べることで、リスクの高い人はより積極的にダイエットや節酒に取り組むなど、効率的な予防に役立つという。

    ■成人男性の4人に1人は、血液中に尿酸が多い高尿酸血症の状態だ。
    浜松市で健康診断を受けた35〜70歳の約5千人の血液や体重、飲酒量などのデータを解析したところ、高尿酸血症だった約千人のうち29%は遺伝子の変異が主な原因で、肥満(19%)や大量飲酒(15%)よりも影響が大きかった。

    ■変異があったのは「ABCG2」という遺伝子で、変異があると尿酸を体の外へ出す量が通常より25〜75%減る。
    25%減る変異の場合、身長160センチの人で5キロ、170センチの人で5・7キロ、180センチの人で6・4キロ太るのと同じリスクをもたらすとわかった。
    飲酒と比べると、ビールを週13リットル飲むのと同程度だった。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.01 Monday
      • -
      • 07:39
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM