<< 成人風疹の診断方法 | main | 腫瘍随伴性肢端角化症 >>

網膜前膜

0
    ■眼底の中央で、視覚に最も大切な部分(黄斑)の上に、セロハンのような薄い膜ができる病気。

    ■黄斑前膜、黄斑上膜と呼ばれることもある。

    ■原因はよくわかっていないが主に50歳以上で発症。

    ■ぶどう膜炎は眼底出血などの目の病気に伴って発症することや、網膜剥離の治療後に生じることもある。

    ■症状
    物がゆがんでみえる
    視力が低下する

    ■治療
    手術が唯一の治療法。
    (特殊な器具を目の中に入れて硝子体を切除し、網膜の上の薄い膜をはぎ取る)。
    特に自覚症状がなければ様子をみる。
    高齢者では硝子体の切除によって手術後に白内障が進行することが多く、同時に白内障の手術をすることがある。


    参考
    朝日新聞・朝刊 2013.4.16


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.19 Sunday
      • -
      • 07:03
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM