<< がんが肺に転移する仕組み | main | 網膜前膜 >>

成人風疹の診断方法

0
    成人風疹は「後頸部のリンパ節腫脹」で見分ける
    9割占める成人男性患者を拾い上げて感染の拡大防止を


    ■前頸部のリンパ節が腫れる一般の風邪などとは違い、後頚部、耳介の後ろや後頭部のリンパ節が腫れてくるのが、風疹の特徴。

    ■風疹による皮疹は、顔から始まって首、体幹部、四肢遠位へと1〜2日かけて広がっていく。

    ■成人の風疹患者は症状が重く、紅斑が癒合しているように見えるケースがある。

    ■風疹による皮疹は麻疹に比べて消退が早い。

    ■目の発赤も風疹絞り込みのヒントとなる。

    ■現在報告されている風疹患者の約9割は20代〜40代の成人男性が占めている。

    http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201305/530408.html?ref=RL2

    出典  NM online 2013.5.10
    版権 日経BP社



    スポンサーサイト

    0
      • 2017.04.21 Friday
      • -
      • 23:42
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする