PPIの違い

0

    プロンポンプ阻害薬(PPI)の違い・比較

    https://shukan-yakuzaishinikki.com/difference-medicines/difference-ppi/

    ・プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、「可逆的に作用する薬」と「非可逆的に作用する薬」の2種類に分類できる。

     

    ・「タケプロン(成分名:ランソプラゾール)」、「オメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)」、「ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)」は、プロトンポンプを非可逆的に阻害する。

    一方「パリエット(成分名:ラベプラゾール)」は、可逆的にプロトンポンプを阻害する薬だ。

    そのため服用を中止すれば、薬の作用は速やかに消失する。

    タケプロン(成分名:ランソプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」によって代謝を受ける。

    またオメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)やネキシウム(成分名:エソメプラゾール)は、主に「CYP2C19」によって代謝され、一部が「CYP3A4」による代謝を受ける。

     

    ・一方パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」による代謝も受けるものの、主な代謝経路はCYPのような酵素ではなく、非酵素的な経路である。

     

    タケプロンやパリエットなどのPPIとネキシウムを比較

    http://ネキシウム効果.com/hk01.html

     

    プロトンポンプ阻害薬(PPI)

    https://medley.life/medicines/article/556e7e5c83815011bdcf82b8/

    オメプラール、オメプラゾン

    • オメプラゾール製剤
    • 世界で最初のプロトンポンプ阻害薬
    • オメプラールには注射剤もあり、用途などに合わせて選択が可能

    タケプロン

    • ランソプラゾール製剤
    • OD錠や注射剤もあり、用途などに合わせて選択が可能

    パリエット

    • ラベプラゾール製剤
    • 比較的、他の薬剤との相互作用が少なく薬の飲み合わせに問題が少ない
    • 本剤の規格(5mg、10mg、20mg)の中でも5mg(パリエット錠5mg)は低用量アスピリン投与時における消化性潰瘍の発生を抑える目的で使用されることが多い

    ネキシウム

    • エソメプラゾール製剤
    • オメプラゾール(オメプラールやオメプラゾンなどの成分)を元に造られた薬剤
      • オメプラゾールより患者個々の体質などによる薬の効果の差が少ないとされる
    • 成人だけでなく、小児に対しての使用も承認されている
    • カプセル剤の他、顆粒剤(懸濁用顆粒)があり、嚥下能力の低下している患者などへのメリットも考えられる

    タケキャブ

    • ボノプラザン製剤
    • 他のプロトンポンプ阻害薬とは異なる作用でプロトンポンプを阻害する薬剤
      • 他のプロトンポンプ阻害薬に比べ、比較的早い段階で高い効果が得られるとされる

    大腸がん内視鏡検査、AIで病変判別

    0

      大腸がん内視鏡検査、AIで病変判別 国立がんセンターなど 

      国立がん研究センターとNECは、大腸がんを検査中の内視鏡画像から病変をリアルタイムで判別する人工知能(AI)を開発した。

      腸内を撮影した画像をパソコンで高速処理し、がんやがんになる前のポリープを98%の認識率で見分ける。

      医師に匹敵する精度の高さで、その場で切除の判断に役立つ。

      人が見落とす恐れのある小さくて平らなポリープも発見できた。

      医師を支援するシステムとして数年後の実用化を目指す。

       

      国立がん研究センター中央病院で診断した約5000例の内視鏡画像などをもとに、「深層学習」と呼ぶ最新技術で病変の特徴をAIに学ばせた。

       

      新たな内視鏡画像約5000例を使って評価したところ、がんやがんにつながるポリープを画像上で示し、認識率は98%に達した。

       

      今後、さらに同病院で記録している見分けにくい1600例以上のポリープなどの画像をAIに学習させる。

       

      病変を認識する精度がいちだんと上がれば、経験が浅い医師の検査を支援できる。

      ベテラン医師にとっても、AIの助言を参考に気になる部分をじっくりと観察する機会がつくれる。

       

      大腸がんと診断される患者は毎年15万人前後いるとみられる。

      早期発見や予防につながると期待される。

       

      米国の研究では、ポリープの段階で取り除けば大腸がんの発症を約8〜9割抑えたという報告があるという。

      ただ、小さくて平らなポリープなどは肉眼では見つけにくい課題があった。

       

      参考・引用

      日経新聞・2017.7.10


      脂肪肝発症、酵素も一因

      0

        脂肪肝発症、酵素も一因 岡山大、治療薬開発に道 
        ・肝臓の特定の酵素が働かないと、脂肪肝の発症や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)への進展につながることを、岡山大ののチームが2016年5月8日までにマウスで突き止めた。

        ​・脂肪肝は過剰な飲食などが原因とされ、NASHはお酒を飲まない人でも脂肪分の取り過ぎなどで起き、肝硬変や肝がんになる恐れがある。

        ​・現在の治療の主流は食生活改善や運動、減量などだが、今回の発見により、治療薬が開発できる可能性があるという。

        ​・この酵素はPEMTと呼ばれる。
        チームが、PEMTが働かないようにしたマウスと通常のマウスに、高脂肪・高糖分の餌を与えて飼育したところ、PEMTが働かないマウスは重症のNASHを早期に発症した。

        ​・岡山大病院の消化器内科を受診した患者の肝臓組織を調べると、PEMTが少ない人に、脂肪肝や脂肪肝炎が発症しやすい傾向があったという。

        出典
        日経新聞・朝刊 29016.5.9


        便秘薬使用に伴う高Mg血症

        0

          便秘薬使用に伴う高Mg血症で3年に死亡4例 PMDA「使用上の注意」改訂

          https://medical-tribune.co.jp/news/2015/1020037633/

          (MT 2015.10.20)

          医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2015年10月20日,「使用上の注意」改訂を発表。便秘症などに適応を有する酸化マグネシウム製剤の高マグネシウム(Mg)血症に関する情報の追加が発表された。

          直近3年度で,同薬使用に伴う高Mg血症の報告が29例,うち死亡4例が報告されたため。

          高齢者,腎機能正常の便秘症で症例が集積

          添付文書改訂の対象となる酸化マグネシウム製剤は医療用医薬品の「酸化マグネシウム原末・錠・細粒」「重質酸化マグネシウム」「マグラックス細粒・錠」「重カマ」「マグミット細粒・錠」など。

          国内で多数の企業が同成分を医療用医薬品,および一般用医薬品として販売している。

           

          PMDAによると,直近3年度で同薬使用例での高Mg血症が29例(うち,因果関係が否定できない症例が19例),死亡4例(同1例)が集積。

          症例検討の結果,

          々睥霄圓任僚言僂多く,重篤な転帰をたどる例が多かった,

          ∧愴訃匹隆擬圓任僚言僂多く,腎機能が正常な場合や通常用量以下の使用でも重篤な転帰をたどる例が報告されていた,

          D蟯的な血清Mg濃度の測定が行われておらず,意識消失などの重篤な症状が現れるまで発症に気付かれない症例が多く見られた。

          そのため,添付文書の改訂を行い,同薬の高Mg血症に関する注意喚起を行うこととした。

          高Mg血症の初期症状は,吐き気や嘔吐,立ちくらみ,めまい,徐脈,皮膚の発赤,力が入りにくくなる,傾眠など。


          膵癌の術後補助療法

          0

            膵癌好成績「ものすごい結果」

            http://www.m3.com/clinical/news/article/183814/?portalId=mailmag&mmp=EZ131101&mc.l=23538117

            ■S-1(テガフール、ギメラシル、オテラシル)を用いた群が、従来の標準治療であるゲムシタビン(GEM)と比べて、2年生存率はGEM群53%に対して、S-1群70%と、大幅に生存率が延長する。


            アスピリンと大腸がん

            0

              日本では毎年、約10万人が新たにかかるとされる大腸がん。

              アスピリンががんに効いたという報告は今までにもいくつかあったが、いずれも疫学調査の結果。

              大腸がん患者に実際にアスピリンを与えて、がん細胞がどうなるのか調べてみないと、本当に効くかどうか何とも言えない、という意見もあるが・・・。


              アスピリン、一部の大腸がんに効果? 米ハーバード大

              鎮痛剤のアスピリンが、ある特定の遺伝子に変異がある大腸がん患者については死亡率を減らす効果がある、との論文が、(2012年10月)25日付の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

              米ハーバード大の荻野周史准教授らが米国の患者を過去にさかのぼって追跡して分析、報告した。


              ■医療関係者が参加する健康調査から、2006年時点で大腸がんと診断され、細胞を分析できた964人の経過を追跡した。

              このうち「PIK3CA」というがんの増殖に関わる遺伝子に着目、その遺伝子に変異があった161人と、遺伝子変異のない803人について、アスピリンを飲むかどうかで予後の違いを比べた。

               

              ■遺伝子変異があったグループでは、アスピリンを飲む習慣がなかった95人のうち44人が昨年1月までに死亡、うち大腸がんが死因だったのは26人だった。

              一方、アスピリンを週に複数回飲んでいたのは66人で、亡くなったのは18人。このうち死因が大腸がんだったのは3人だった。


              ■がんの進行度や年齢などを考慮して解析すると、アスピリンを飲んでいた人はすべての死因で死亡率が46%減、大腸がんに限れば82%低かった。

              一方、変異のないグループでは明らかな違いはみられなかった。

               

              ■この遺伝子の変異がある人は大腸がん患者の2割弱という。

              発表者はアスピリンが変異した遺伝子に作用したと考えられる、とした。


              <私的コメント>

              何を目的にアスピリンを服用していたか?

              基礎疾患があるとすればそれは何か?

              投与量は?

              など、知りたいところです。


              http://digital.asahi.com/articles/OSK201210250046.html?ref=comkiji_txt_end


              出典 朝日新聞・デジタル 2012.10.25

              版権 朝日新聞社





              膵がん早期発見のポイント

              0
                 膵がん早期発見のポイントを討議
                   •    Stage窮垢んの発見には高危険群に対する経過観察が重要
                   •    高リスク症例に対するERP施行の検討が必要
                   •    pStage窮垢んの存在・質的診断にはEUSが有用
                   •    ENPD留置下の膵液細胞診が上皮内がんの発見に貢献

                http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtnews/2012/M45400201/


                NASH/NAFLD ガイドライン

                0
                  NASH/NAFLD
                  実地医家に分かりやすいガイドラインを

                  http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtnews/2012/M45280201/

                  (ログインが必要です)

                  ■日本消化器病学会ではすでに胃食道逆流症(GERD),消化性潰瘍,クローン病,肝硬変,胆石症,慢性膵炎の6疾患についてEBMの手法にのっとった診療ガイドラインを作成している。

                  新たに機能性消化管障害,大腸ポリープとともに,NASH/NAFLDの作成を進めている。


                  NAFLD

                  ■わが国の成人の3〜4割が罹患している高頻度の疾患である。

                  ■診断に単一マーカーとしてはCytokeratin-18(CK-18),スコアリングシステムとしてNAFICスコア(フェリチン,インスリン,厳織灰蕁璽殴7S)が有用な指標として挙げられる予定。

                  ■正常値例でも線維化進行例が存在するため,重症度の指標にはなりえず,主に海外報告で0.8を超えるとF3以上の線維化の割合が高くなることが認められているAST/ALT比が推奨される。

                  ■現段階では各種臨床検査値でアルコール性肝障害と鑑別することは困難。

                  (非アルコール性; エタノール換算20g/日未満)

                  ■年齢,AST,血小板,ALTの4つのパラメータから算出できるFIB4インデックスは線維化進行例の除外に優れている。

                  まずはFIB4インデッ クスを行い,中間値についてNAFICスコアを見て,肝生検の適応を決めるのが現時点のわが国のNAFLDの診断アルゴリズムではないか。

                  NAFICスコア;  ferritin, insulin, type collagen 7s

                                       2点以上は生検、1点以下は経過観察


                  肝生検;肝細胞の脂肪化に加えて風船様腫大を伴うもの(Matteoni分類のタイプ3,4)をNASHとする


                  出典  MT Pro 2012.7.12
                  版権 メディカル・トリビューン社



                  calendar
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << May 2018 >>
                  PR
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  recommend
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM