B型肝炎治療

0

    B型肝炎 抗ウイルス療法の治療目標は生命予後の改善

    https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0915504683/

     

    B型肝炎治療ガイドライン改訂

    https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0915504683/


    C型肝炎治療

    0

      【C型肝炎】IFNフリーDAAの実臨床での効果

       https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0914504688/ 

       

      【C型肝炎】Special populationへの治療 治療ガイドライン改訂

       https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0914504682/ 

       

      セログループ1のC型肝炎治療剤など了承〔CBnews〕 医薬品第二部会、来月にも正式承認へ

       https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0912504703/ 

       

      C型肝炎治療薬で重大な副作用を追記 

      https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0706504000/ 

       

      C型肝炎治療ガイドライン第5版を公開 HBV,HIV共感染例などの治療対策を追加

      https://medical-tribune.co.jp/news/2016/0517503487/

        


      治療抵抗性C型慢性肝炎とビタミンB12

      0
        ビタミンB12追加でC型慢性肝炎治療抵抗性例の著効率が有意に改善
        イタリア研究

        http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1207/1207052.html

        (ログインが必要です)


        要旨

        C型慢性肝炎の標準治療であるペグインターフェロン(PEG-IFN)α+リバビリン(RBV)併用療法を行っているC型慢性肝炎患者にビタミンB12を追加投与したところ,同併用療法に治療抵抗性を示すgenotype 1型患者のウイルス学的著効(SVR)達成率は,標準治療群に対し有意に高かった。

        出典 MT pro  2012.7.20
        版権 メディカル・トリビューン社


        NASHの薬剤開発を可能にする発見

        0

          横浜市大「NASHの薬剤開発を可能にする発見」

          微量細菌内毒素にレプチンが過剰反応

          (要ログイン)

          要約

          横浜市立大学消化器内科教授の中島淳氏らの研究グループは,大阪大学歯学部,順天堂大学との共同研究により,非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD) から非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に進展するメカニズムとして,肥満に伴い脂肪細胞から多量のレプチンが分泌されると腸管からわずかに侵入してくる細菌内毒素に過剰反応することを動物実験で突き止め,Cell Metabolism2012; 16: 44-54)に報告した。

           

          calendar
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM