頸部脊柱管狭窄症 単純写真による診断

0

    <頸部脊柱管狭窄症>

    椎体後面中央と推弓内側縁の距離が12mm以下の場合には,頸部脊柱管の発育性狭窄があり、外傷や変性が軽微であっても脊髄圧迫症状が出現しやすいとされている。

    しかしフィルムの実測値は撮影距離により影響を受けることら、椎体前後径に対する比で表す方法も用いられている。

    この比が0.8以下になると頸部脊柱管狭窄症を示唆する。


    肩こりにタオル

    0

                                               引用

                                               日経新聞・朝刊 2016.4.2


      肩こりにタオル

      0

                                                 引用

                                                 日経新聞・朝刊 2016.4.2


        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM