新型インフル発生時 全国民分ワクチン、半年で製造へ

0

    新型インフル発生時 全国民分ワクチン、半年で製造へ

    感染力の強い新型インフルエンザの大流行時に、半年ほどで全国民分のワクチンを製造する自給体制が今年度中に整う見通しになった。

    鳥などが持つインフルエンザウイルスが遺伝子変異を起こして出現する新型インフルは大半の人に免疫がなく、流行すれば多数の死者が出ると懸念されている。

    政府が1千億円以上かけて対策を進めてきた。

     

    新型インフルをめぐっては2003年以降、東南アジアを中心に鳥インフルエンザ(H5N1)の発生が続発したため、政府が対策を検討してきた。

    政府の行動計画は、全人口の25%がかかると最大で約2500万人が受診、死者は64万人と推計する。

    新型インフル発生後にそのウイルス株を入手して、全国民分のワクチンを半年で自給する準備を10年に開始。12年には緊急事態を想定した特別措置法を制定した。

     

    鶏卵でウイルスを培養する従来法では1年半以上かかるため、政府は1千億円超を製薬企業に支援。

    細胞培養法という速く製造できる新技術を導入させ、新工場の整備などをした。

    厚生労働省によると、今年度内に武田薬品工業、化学及血清療法研究所、北里第一三共ワクチンの3者の工場で計1億3千万人分が生産できるようになる。

    新型インフル発生時には、行動計画に基づき、3者が速やかに製造を始める。

    発生から約4カ月後以降に出荷できる見通しという。

    当初は13年度中の達成を目指していたが、阪大微生物病研究会が撤退するなどして大幅に遅れていた。

     

    感染症に詳しい岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「ワクチンを国内で自給できる国は世界でも少なく、国家の危機管理上で重要なこと」としたうえで「混乱を起こさないため、流行時の接種方法や流通体制を詰めておく必要がある」と話す。

     

    一方、現在取り組むワクチン備蓄事業については、見直し議論を始めた。

    新型インフルワクチンができるまでの間に合わせに、新型インフルになりそうな鳥インフルのウイルス株を使って1千万人分を備蓄しているが、来年度以降はその意義が薄れる。そもそも将来出現する新型インフルに効くかどうかわからないためだ。

    来年度に有効期限が切れる900万人分は、H5N1株から、13年以降に中国で人への感染が起きているH7N9株に変更する予定だ。

     

    参考・引用

    朝日新聞 2018.6.7


    iPSから免疫細胞

    0

      京都大など iPSから免疫細胞、がん治療効果高める 

      京都大学の金子新准教授らは名古屋大学などと共同で、iPS細胞からがん免疫療法の効果を高める機能を持った免疫細胞を作製することに成功した。

      がん免疫療法の効果向上や新たなワクチン療法の技術開発に応用できるという。

      成果は米科学誌ステムセル・リポーツに発表した。

       

      研究チームが作製したのは、がんを攻撃するT細胞を活性化する「ヘルパーT細胞」に似た細胞。

      ヒトの血液から取り出したヘルパーT細胞からiPS細胞を作製し、再びT細胞に成長させた。

       

      このT細胞に必要な遺伝子を追加導入し培養条件を工夫すると、免疫細胞の攻撃力を高めるヘルパーT細胞に似た機能を持った。

      作製した細胞は体の外でT細胞を増やしたり、免疫を逃れようとしたりするがんへの攻撃力を高めることができるほか、患者に直接投与するワクチン療法も可能という。

       

      がんを植えたマウスに活性化させたT細胞を投与する実験では、がんへの攻撃力が高まることを確認した。

      金子准教授は今後、追加の遺伝子導入なしでヘルパーT細胞を作製する研究を進め、将来は臨床応用を目指す。

       

      いったんiPS細胞を経由することで同じ細胞を大量に増やせる。

      工業製品のように均質な免疫細胞を大量に製造すればがん免疫療法のコストが下がる可能性がある。

       

      参考・引用

      日経新聞・朝刊 2018.5.25


      高血圧や糖尿病リスク 睡眠時無呼吸

      0

        高血圧や糖尿病リスク 睡眠時無呼吸と関連

        寝ている間に何度も呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)と、高血圧や糖尿病のリスクとの間に関連性があることが分かったと、京大の研究チームが2018年5月10日までに国際学術誌電子版に発表した。

         

        現段階では因果関係は不明としているが、「SASの人は高血圧や糖尿病の検査を受けた方が望ましく、SASの治療をすればこれらの病気の改善に役立つ可能性がある」としている。

         

        チームは2013〜17年、滋賀県長浜市の30〜80代の男女計約7千人を対象に、睡眠の状態と生活習慣病との関係性などを調べた。

         

        すると、SASがあると高血圧のリスクが高く、SASが重症なほどリスクも高いことが判明。

         

        糖尿病は女性だけで関連性が認められ、閉経前の女性では、治療が必要とされる中等症以上のSASがあると、糖尿病のリスクが28倍だった。

         

        チームは「今後、因果関係について研究を進めたい」としている。

         

        参考・引用

        日経新聞 2018.5.10

         

        私的コメント

        タイトルだけを読んで、高血圧・糖尿病リスクと睡眠時無呼吸についての因果関係を解明した研究成果だと思ってしました。

        両者の因果関係については、すでに既知のことと思うのですが、そうではなかったのでしょうか。

        結局、SASが原因なのか結果なのかはわからないままのようです。

         

         


        PPIの違い

        0

          プロンポンプ阻害薬(PPI)の違い・比較

          https://shukan-yakuzaishinikki.com/difference-medicines/difference-ppi/

          ・プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、「可逆的に作用する薬」と「非可逆的に作用する薬」の2種類に分類できる。

           

          ・「タケプロン(成分名:ランソプラゾール)」、「オメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)」、「ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)」は、プロトンポンプを非可逆的に阻害する。

          一方「パリエット(成分名:ラベプラゾール)」は、可逆的にプロトンポンプを阻害する薬だ。

          そのため服用を中止すれば、薬の作用は速やかに消失する。

          タケプロン(成分名:ランソプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」によって代謝を受ける。

          またオメプラゾール・オメプラゾン(成分名:オメプラゾール)やネキシウム(成分名:エソメプラゾール)は、主に「CYP2C19」によって代謝され、一部が「CYP3A4」による代謝を受ける。

           

          ・一方パリエット(成分名:ラベプラゾール)は、「CYP2C19」や「CYP3A4」による代謝も受けるものの、主な代謝経路はCYPのような酵素ではなく、非酵素的な経路である。

           

          タケプロンやパリエットなどのPPIとネキシウムを比較

          http://ネキシウム効果.com/hk01.html

           

          プロトンポンプ阻害薬(PPI)

          https://medley.life/medicines/article/556e7e5c83815011bdcf82b8/

          オメプラール、オメプラゾン

          • オメプラゾール製剤
          • 世界で最初のプロトンポンプ阻害薬
          • オメプラールには注射剤もあり、用途などに合わせて選択が可能

          タケプロン

          • ランソプラゾール製剤
          • OD錠や注射剤もあり、用途などに合わせて選択が可能

          パリエット

          • ラベプラゾール製剤
          • 比較的、他の薬剤との相互作用が少なく薬の飲み合わせに問題が少ない
          • 本剤の規格(5mg、10mg、20mg)の中でも5mg(パリエット錠5mg)は低用量アスピリン投与時における消化性潰瘍の発生を抑える目的で使用されることが多い

          ネキシウム

          • エソメプラゾール製剤
          • オメプラゾール(オメプラールやオメプラゾンなどの成分)を元に造られた薬剤
            • オメプラゾールより患者個々の体質などによる薬の効果の差が少ないとされる
          • 成人だけでなく、小児に対しての使用も承認されている
          • カプセル剤の他、顆粒剤(懸濁用顆粒)があり、嚥下能力の低下している患者などへのメリットも考えられる

          タケキャブ

          • ボノプラザン製剤
          • 他のプロトンポンプ阻害薬とは異なる作用でプロトンポンプを阻害する薬剤
            • 他のプロトンポンプ阻害薬に比べ、比較的早い段階で高い効果が得られるとされる

          頸部脊柱管狭窄症 単純写真による診断

          0

            <頸部脊柱管狭窄症>

            椎体後面中央と推弓内側縁の距離が12mm以下の場合には,頸部脊柱管の発育性狭窄があり、外傷や変性が軽微であっても脊髄圧迫症状が出現しやすいとされている。

            しかしフィルムの実測値は撮影距離により影響を受けることら、椎体前後径に対する比で表す方法も用いられている。

            この比が0.8以下になると頸部脊柱管狭窄症を示唆する。


            多発性硬化症の仕組み解明

            0

              国立精神・神経センター 多発性硬化症の仕組み解明

              ■国立精神・神経医療研究センター 木村公俊研究員と山村隆特任研究部長らは、手足のしびれや感覚障害などが起こる神経の難病である「多発性硬化症」の発症や悪化の仕組みを解明した。

              マイクロRNA(リボ核酸)と呼ぶ微小物質が関わっていた。

              新たな治療法の開発につながるという。

               

              多発性硬化症は脳や脊髄などに炎症が起きる自己免疫疾患。

              患者の体内では免疫にブレーキをかけて症状を抑える「制御性T細胞」と呼ぶ細胞が減っていることが知られていたが、仕組みは未解明だった。

               

              研究チームは患者の血液を分析し、細胞が放出する微粒子に含まれる特定のマイクロRNAが増えていることを発見した。

              この微小物質は遺伝子の働きを制御し、制御性T細胞の増加を妨げていた。

              今後、どの細胞がマイクロRNAを含む微粒子を放出しているのかなど詳細な仕組みの解明を目指す。

               

              参考・引用

              日経新聞・朝刊 2018.1.29


              右季肋部痛

              0

                Murphy徴候が陽性の場合、中年女性では胆石からの胆嚢炎,若年女性ではFitz-Hugh-Curtis症候群を考える。

                 


                大腸がんの原因タンパク質発見

                0

                  大腸がんの原因タンパク質発見

                  特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

                  論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

                  国立がん研究センターは2017年のがんにによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

                   

                  研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

                   

                  研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

                   

                  ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

                  ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

                  人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

                   

                  大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

                   

                  参考・引用

                  日経新聞・朝刊 2018.4.20


                  大腸がんの原因タンパク質発見

                  0

                    大腸がんの原因タンパク質発見

                    特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

                    論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

                    国立がん研究センターは2017年のがんによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

                     

                    研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

                     

                    研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

                     

                    ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

                    ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

                    人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

                     

                    大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

                     

                    参考・引用

                    日経新聞・朝刊 2018.4.20


                    大腸がんの原因タンパク質発見

                    0

                      大腸がんの原因タンパク質発見

                      特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

                      論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

                      国立がん研究センターは2017年のがんにによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

                       

                      研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

                       

                      研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

                       

                      ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

                      ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

                      人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

                       

                      大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

                       

                      参考・引用

                      日経新聞・朝刊 2018.4.20


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM