大腸がんの原因タンパク質発見

0

    大腸がんの原因タンパク質発見

    特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

    論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

    国立がん研究センターは2017年のがんにによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

     

    研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

     

    研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

     

    ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

    ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

    人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

     

    大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

     

    参考・引用

    日経新聞・朝刊 2018.4.20


    大腸がんの原因タンパク質発見

    0

      大腸がんの原因タンパク質発見

      特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

      論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

      国立がん研究センターは2017年のがんによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

       

      研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

       

      研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

       

      ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

      ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

      人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

       

      大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

       

      参考・引用

      日経新聞・朝刊 2018.4.20


      大腸がんの原因タンパク質発見

      0

        大腸がんの原因タンパク質発見

        特定のタンパク質の発現を抑制することで、大腸がんの発症や進展を抑えることができると、滋賀医大の研究チームが発表した。

        論文は、米医学誌JCIインサイト電子版に掲載された。

        国立がん研究センターは2017年のがんにによる死者のうち大腸がんは女性で1位、男性で3位を占めると予測している。

         

        研究チームは、このタンパク質を標的とする新たな大腸がん治療薬の開発を目指す。

         

        研究チームはマウスを使った実験で、タンパク質「ナルディライジン」が腸管上皮に多い場合、DNAの修復などに関わるがん抑制遺伝子「p53」が少ないことを突き止めた。

         

        ナルディライジンがないマウスはp53が多かった。

        ナルディライジンを制御することでp53が安定化し、がんを回避できる仕組みも判明。

        人の大腸がん細胞でナルディライジンを抑制し、抗がん剤で刺激したところ、p53が増えたという。

         

        大腸がんの治療研究に加え、ナルディライジンとp53の関係が他のがんにも当てはまるかどうかも調べる。

         

        参考・引用

        日経新聞・朝刊 2018.4.20


        がん検査、尿で手軽に

        0

          がん検査、尿で手軽に 日立が実証実験 

          日立製作所は2018年4月16日、尿を用いたがん検査の実証実験を今月から始めると発表した。

          尿に含まれる物質の解析により、小児がんや成人の胆道がんなどの有無を検出する。

          医療機関で血液を採取する従来の手法に比べて手軽に検査が受けられる利点がある。

          がんの種類によっても異なるが、早ければ2020年代はじめの実用化を目指す。

          日立は尿に含まれる物質を用いたがん検査の技術を15年から研究している。

          尿中の数千種類の物質から、がんの目印となる物質「バイオマーカー」を数種類抽出し、解析してがんを見分ける。

           

          実証実験では半年間かけて、尿検体の搬送時の温度管理やがんの目印となる物質の測定精度などを検証する。

           

          検体の管理ではIT(情報技術)システムも活用する。

          スマートフォンの専用アプリで検体を撮影して時間や場所を特定。

          全地球測位システム(GPS)と温度情報を送信できる箱を用い、搬送中の状況を把握できるようにする。

           

          実証実験では、シミックファーマサイエンスが物質の分析を担当。

          解析データの評価では名古屋大学医学部付属病院が協力する。

           

          参考・引用

          日経新聞・朝刊 2018.4.17


          ペットからの感染に注意

          0

            ペットからの感染注意

            コリネバクテリウム・ウルセランス菌という菌に、猫から感染したとみられる福岡県の女性が2016年に亡くなっていたことが今年になってわかった。

            この菌での国内での死亡例は初とあり、話題になった。

             

            ペットの猫や犬の口の中には、他にも人間に病気をペットからの感染注意起こす菌がある。

            代表的なのがパスツレラ菌。

            猫のほぼ100%、大の7割ほどの口の中にいるとされる。

             

            かまれるだけでなく、口の周りをなめられても感染し傷が腫れて痛んだり、せきや熱などが出たりする。

            高齢者や糖尿病などがある人は重症化しやすく、死亡

            することもある。

             

            猫を飼う女性を14カ月間モニターした研究がある。

            起床後の女性ののどの粘膜を月1度計14回調べると7回、猫の口にあったものと同じ遺伝子型のパスツレラ菌がみつかった。

            前の晩はいずれも猫を寝室に入れていて、深夜に何度も口の辺りをなめられている映像が

            映っていたという。

              

            猫や犬の体液には人に悪さをする菌がいる。

            寝室に入れないか、入れるならマスクをして寝た方がいい。

             

            参考・引用

            朝日新聞・朝刊 2018.4.18

             


            薬に耐性できた肺がん、増殖抑える化合物

            0

              薬に耐性できた肺がん、増殖抑える化合物 がん研など

              「がん研究会」(東京都)と東京理科大などの研究グループは、従来の抗がん剤が効かなくなった肺がんの増殖を抑える働きがある化合物を見つけた。

              化合物は既存の薬と異なる仕組みでがんの増殖を抑えることをマウスの実験で確かめた。

              新しい薬の開発につなげたいとしている。

               

              国内で年間7万人以上が亡くなる肺がん患者の約3割はEGFR遺伝子に変異がある。

              この変異した遺伝子によって作られるたんぱく質が、がんの増殖にかかわる。

              「イレッサ」などの分子標的薬はこのたんぱく質の働きを抑えるが、1年ほどで耐性ができて効かなくなってしまう。

              耐性があるがんにも効果がある「タグリッソ」が昨年承認されたが、さらに耐性ができた場合の治療法は確立されていない。

               

              がん研究会がん化学療法センターの研究グループは、細胞内たんぱく質を運ぶ「ゴルジ体」の働きを邪魔する人工化合物に着目し、がん細胞の増殖を防げないかと考えた。

               

              この化合物を人間のEGFR遺伝子が変異するタイプの肺がん細胞に加えると、がんの増殖を抑えられた。

              さらに、タグリッソに耐性ができたがん細胞をマウスの肺に移植し、3週間後に腫瘍の大きさを調べたところ、未治療やタグリッソを投与したマウスは腫瘍が3倍になったのに、化合物を投与したマウスはほぼ変わらなかったという。

               

              これまでの分子標的薬の多くはがんの増殖にかかわる細胞表面のたんぱく質に作用する。

              研究グループは「新しい仕組みの抗がん剤になる可能性がある。改良を進め、ほかのがんでも効果があるか調べていきたい」と話している。

               

              参考・引用

              朝日新聞・夕刊 2017.12.28

               

              <参考>

              古くて新しいゴルジ体―タンパク質の加工から細胞分裂までかかわる驚異のメカニズム―

              http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st13_06.html

               

              ゴルジ体によるタンパク質輸送機構

              https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/56/4/56_201/_pdf


              加熱式たばこ

              0

                引用

                朝日新聞・朝刊 2018.1.6


                カフェインの含有量と最大摂取量

                0

                                                                               カフェインの最大摂取量と含有量

                   

                                                      

                                                                                                             引用

                                                                                                           日経新聞・朝刊 2016.1.31


                  心肺蘇生

                  0

                    AED 正しく使って救命

                    心臓マッサージ・・・手の付け根使い垂直に

                    電極パッド  ・・・心臓を挟むように貼る

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    大きく変わった糖尿病薬物療法 アルゴリズム ADA2018年版勧告

                    0

                      2017年版勧告における薬物療法アルゴリズム

                       

                       

                       

                      2018年版勧告における薬物療法アルゴリズム

                       

                       

                       

                      治療薬選択において考慮すべき薬剤特異的および患者側の要素

                       

                      参考・引用

                      https://medical-tribune.co.jp/rensai/2017/1222511993/


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM